香港でイヌが新型コロナウイルスに弱陽性反応を示したとの報道について

掲載日:2020.03.02

2月26日のコラムで「現時点でイヌやネコがこの新型コロナウイルスに感染する可能性があるという証拠はなく、新しい感染源となる証拠もない」との獣医系学術団体や国際機関などからの情報を提供し、イヌやネコの飼い主の皆様に正確に世界の現状を紹介したところです。ところが、2月28日に香港政府は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患した患者のイヌから低いレベルの陽性反応があったとのプレスリリースを発出しました(https://www.info.gov.hk/gia/general/202002/28/P2020022800013.htm)。このニュースは報道各社で取り上げられましたので、ペットの飼い主の皆さんは心配しているものと思います。そこで今回は、プレスリリースの内容について紹介し解説したいと思います。

情報源は香港の農水産保全局(Agriculture, Fisheries and Conservation Department (AFCD))の報道官で、イヌがCOVID-19ウイルス(正確にはSARS-CoV-2と呼ばれています)に弱い陽性反応を示したことを発表したものです。内容としては2月26日にCOVID-19に罹患した患者が保有するイヌから口腔、鼻、直腸サンプルを採取し調べたところ(検査法は記載されていませんがPCR検査だと思われます)、鼻と口腔サンプルで弱い陽性反応を示したというものです。なお、イヌに関連するような症状は全く無かったと述べています。また、プレスリリースではペット動物がSARS-CoV-2に感染したり、ヒトへの感染源になったりする証拠もないことも述べています。今後は本当に感染しているのかを確認するため、繰り返して検査を実施するとしています。さらに報道官はCOVID-19に罹患された方が保有する哺乳類のペットについては、AFCDの指定動物飼育施設に14日間隔離し検疫することを強くアドバイスしています。

以上が香港政府により発表した概要になります。早期に情報を公開することは必要に思いますが、たった1例で、それも弱陽性反応を示しただけで、確実に感染したとの証拠もなく香港政府がプレスリリースを発出することに疑問を持ちます。これでは無用にイヌの飼い主に不安感を与えることに繋がるからです。今回の内容を読んでみて情報が不確かであると考える理由はいくつかあります。まずPCR検査で弱陽性とは何を指しているかです。どんな検査法でも判定が曖昧な場合があります。この場合、決して陽性とは考えず、繰り返し日を変えて検査したり、他の検査法を併用して最終的に判断するものと思います。また、今回のイヌは他の報道を見れば小型のようですので多分室内で飼育されていたはずです。そうなれば患者である飼い主の飛沫などを物理的に取り込むことは十分に考えられます。感染はしていないけれど、非常に低いレベルのウイルスが偶発的にサンプルに混入したために弱陽性反応を示したと考えることもできます。いずれにしても、イヌが確実にSARS- CoV-2に感染することを科学的に証明する必要があり、今後の香港政府の発表に注目していきたいと思います。

最後に前回のコラムでも指摘しましたし、今回のプレスリリースでも触れられているのですが、COVID-19の予防のみならずペットと接触した後は石鹸またはアルコール系消毒薬で手を良く洗うことをお願いします。また、ペットの健康状態に何らかの変化がある場合は、獣医師からの適切なアドバイスをできるだけ早くに求めていただきたいと思います。今回のような危機に直面するとメディアから様々な情報が流れてきます。しかし、不確かな情報も多く、それを鵜呑みにすると混乱に拍車がかかります。是非とも正しい情報に基づいて判断し行動されることを切に願う次第です。