アフリカ豚熱(ASF)国際シンポジウムの開催

掲載日:2020.01.27

ASFの国内侵入が懸念されている中、農林水産省は、令和2年2月25日(火曜日)にASFの現状に関する情報を提供するため、三田共用会議所3階大会議室において、「アフリカ豚熱(ASF)国際シンポジウム(THE INTERNATIONAL SYMPOSIUM FOR AFRICAN SWINE FEVER)~ASFの世界の現状を知り、これからの対策を考える~」を開催します。本シンポジウムは公開で開催さますが、事前の申し込みが必要です。会議は、英語及び日本語で同時通訳されます。
プログラムは以下の通りです。

 

基調講演
——————————————————————————————————————————————————————–
ASFワクチン開発に向けて(仮題)

Dr. Rock, Daniel L. (Professor, Department of Pathobiology, College of  Veterinary Medicine, University of Illinois at Urbana-Champaign, USA

 

講演(仮題)
—————————————————————————————————————————————————————–
1 アフリカにおけるASF発生状況 ~我々はこの病気にどのように対抗するか~

Dr. Wampande, Eddie(Director, Central Diagnostic Laboratory, Makerere University,

Uganda)

2 ベトナムにおけるASF発生と対策 ~経験から学んだこと~

Dr. Nguyen, Long V.(Deputy Director General, Department of Animal Health,

Ministry of Agriculture and Rural Development, Vietnam)

3 韓国におけるASF発生と対策

Dr. Kang, Hae-Eun(Director of Foreign Animal Disease Division, Animal and Plant

Quarantine Agency, Republic of Korea)

4 我が国におけるASF侵入防止対策 ~水際防疫とバイオセキュリティを中心に~

沖田賢治(農林水産省消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室長)

 

総括
——————————————————————————————————————————————————————–
ASF対策を推進するために(農林水産省)

 

詳しくは以下の情報をご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/seisaku/200124.html