CVDD学術セミナー2019開催の御礼及び講演資料の公開について

掲載日:2019.11.18

11月1日に東京交通会館にて開催の「CVDD学術セミナー2019」にご参加いただき誠にありがとうございました。

今年度は、「伴侶動物病院での抗菌薬の使用実態と課題」をテーマとし、松田真理先生(農林水産省動物医薬品検査所)から「愛玩(伴侶)動物における薬剤耐性に関する動向調査について」、村田佳輝先生(千葉県獣医師会副会長 むらた動物病院院長)から「小動物臨床現場での耐性菌の現状とAMR対策について」をご講演いただきました。

講演後の総合討論におきましては、参加者の皆様から講演者の先生方への質疑応答が活発に行われ、今回のテーマへの関心の高さを実感いたしました。

おかげ様をもちまして、30所社の動物薬事に関係する皆様にご参加をいただき、盛況のうちにおえることができましたことを心より感謝申し上げます。また、ご後援いただきました東京都獣医師会、千葉県獣医師会、獣医臨床感染症研究会、動物用抗菌剤研究会の関係者の皆様には厚く御礼申し上げます。

当日実施させていただきましたアンケートでは、多くのご意見・ご要望をいただきました。各先生方にフィードバックさせていただくとともに、今後の当センターの活動に役立てて参ります。

今後ともより一層のご愛顧を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

なお、ご講演いただいた先生方のご厚意により、当日のスライド資料(同意を得たものに限ります)を以下に公開いたします。
*掲載データの二次使用は固くお断りいたします。