動愛法改正案と動物看護師法案が国会提出に!

掲載日:2019.06.17

私たちと関連の深い二つの法案が超党派議連で合意され、今国会に提出されることになり近々に成立する運びとなっています。今回は新聞報道されている二つの法案の概要をお知らせしたいと思います。

まず、動愛法改正案についてです。法案改正を目指す、「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」は総会を開催し、動物愛護法改正案の概要を公表しました。主な改正点は以下の通りです。

  • 悪質な虐待が後を絶たないとして、虐待罪(殺傷)の罰則を現行の「懲役2年以下または罰金200万円以下」から「懲役5年以下または罰金500万円以下」に変更するものです。これまでの罰則は器物損壊罪よりも軽いと動物愛護団体から批判されていたもので、これで動物虐待が無くなることを期待したいものです。
  • 生後56日に満たない犬と猫の販売も禁止するものです。ただし、国の天然記念物に指定されている日本犬6種(柴犬、紀州犬、四国犬、北海道犬、甲斐犬、秋田犬)は洋犬と習性が異なるとして、条件付きで規制の対象外としています。若い動物を売りたいとしていたペット業界から反対が寄せられていましたが、大手の業者が賛同する動きとなり結局56日で決着したものです。
  • 飼育施設の数値規制を導入する。飼育施設や繁殖回数などに関して、科学的根拠に基づいた具体的な「数値」を入れることも検討するものです。これまで劣悪な環境で飼育されていたり、流行の品種を過剰繁殖し処分していた例があったものが改善されることに期待したいと思います。
  • 犬や猫に飼い主情報を記録した「マイクロチップ」埋め込みを義務化するものです。マイクロチップには、国コード、動物種コード、メーカーコード、個体番号等が組み合わされた世界でただ一つの個体識別番号が標識されています。迷子になった場合には、読みとった個体識別番号をデータベースに照会することによって、即座に飼育者の電話番号等の検索が可能で、飼育者に連絡をとることができます。

一方、動物病院で獣医師の補助を行う動物看護師の国家資格化に向け、超党派である、「愛がん動物を対象とした動物看護師の国家資格化を目指す議員連盟」は今国会に動物看護師法案を提出することを決めました。動物看護師は国家資格でないため、大学や専門学校での過程を終了後に様々な民間団体の試験に合格することで動物看護師と呼称していました。しかし、その質に差があることや、専門教育を受けていなくても勤務できることから諸外国のような法整備の必要性が叫ばれていました。現在、公的資格化を目指して動物看護師統一認定機構が行う試験に合格した者を、「認定動物看護師」と呼称していました。およそ2万人が民間資格で家族と同様な愛がん動物の高度な獣医療に携わっており、動物看護師の資質の向上が最大の課題でありました。私どもの酪農学園大学にも獣医学群獣医保健看護学類があり、獣医学に関する基礎知識と動物看護学に関する専門知識を習得し、幅広い獣医保健看護領域の業務を担える人材を育成しています。国家資格化はさらなる動物看護師の質の向上に貢献するものと期待されます。ただし、動物看護師の職域は愛がん動物を対象とした動物病院だけでなく、家畜を対象とする生産動物医療や動物園動物などの展示動物の健康維持においても活動しており、愛がん動物のみを対象とする今回の法案に不備を感じますが、悲願であった動物看護師の国家資格化に道筋ができたことを素直に喜びたいと思います。

 

いずれにしても上記の二つの法案は超党派の議連で合意されたものであり、今国会で認められる公算が高く現状を改善することは間違いありません。経済や国際対応などでは議論が分かれる政治の世界ですが、動物愛護の充実やその質を向上させる動物看護師の国家資格化で合意されたことは、関連業務に従事する身としては嬉しい限りです。