【掲載】ペット由来感染症の現状(感染症 最新の治療2019-2020)

掲載日:2019.03.13

最近、新聞などのマスメディアでペット由来人獣共通感染症での死亡症例が取り上げられるようになり、医学分野でも関心が持たれています。そこで今般、動物薬教育研究センターの田村が、医学系の専門書である「感染症 最新の治療2019-2020」の巻頭トピックとしてペット由来感染症の現状を紹介しました。特に死亡例が報道されたカプノサイトファーガ感染症、コリネバクテリウム感染症、重症熱性血小板減少症(SFTS)を取り上げています。

 

田村 豊:ペット由来感染症の現状,感染症 最新の治療2019-2020 p.11-13,南江堂 (2018).