【論文掲載】Tigecycline susceptibility of Klebsiella pneumoniae complex and Escherichia coli isolates from companion animals: The prevalence of tigecycline-nonsusceptible K.pneumoniae complex, including internationally expanding human pathogenic lineages

掲載日:2018.01.10

当センターの田村が共著者である研究論文、「Tigecycline susceptibility of Klebsiella pneumoniae complex and Escherichia coli isolates from companion animals: The prevalence of tigecycline-nonsusceptible K.pneumoniae complex, including internationally expanding human pathogenic lineages(伴侶動物に由来するKlebsiella pneumoniae complexと大腸菌のチゲサイクリン感受性:国際的に拡散したヒト病原性系統を含むチゲサイクリン非感受性K.pneumoniae complexの分離率)」がMicrobial Drug Resistance誌に掲載されました。要旨は以下の通りです。

 

<要旨>

チゲサイクリンはグリシルサイクリン系抗菌薬で医療において重要視される多剤耐性アシネトバクター感染症に対する有効な新規の抗菌薬である。特に多剤耐性アシネトバクター・バウマニによる死亡例を含むアウトブレイク事例も報告されており、治療薬の選択肢が欧米より少ない状況から早期導入されたものである。この報告ではイヌとネコから分離されたKlebsiella quasipneumoniaeを含むK.pneumoniae 86株と大腸菌100株を用いてチゲサイクリンの感受性を含め各種性状を調べた。その結果、2株のK.pneumoniae (MIC,4mg/L)と1株のK.quasipneumoniae(MIC,8mg/L)がチゲサイクリンに耐性を示した。また16株のK.pneumoniaeと1株のK.quasipneumoniae が中間値(MIC, 2mg/L)を示した。これらの株は調べた19の病原遺伝子の5種類を保有し、ヒト血清に対して耐性を示した。加えてK.pneumoniaeの13株はヒトにおける高リスククローンと考えられるST11、ST15、ST147であった。大腸菌はすべてチゲサイクリン感受性であった。したがって、イヌやネコはヒトの病原性系統のチゲサイクリン非感受性Klebsiella pneumoniae complexの病原巣(reservoir)なる可能性が示された。

 

Sato T, Harada K, Usui M, Tsuyuki Y, Shiraishi T, Tamura Y, Yokota S: Tigecycline susceptibility of Klebsiella pneumoniae complex and Escherichia coli isolates from companion animals: The prevalence of tigecycline-nonsusceptible K.pneumoniae complex, including internationally expanding human pathogenic lineages, Microbial Drug Resistance, 2017: DOI:10.1089/mdr.2017.0184